新オバケのQ太郎 昭和46年9月1日〜47年12月27日
日本テレビ系 水曜よる7時30分〜8時
15分×2 全70回
東京ムービー 日本テレビ

しゅだいか
♪OP オバケのQ太郎 うた:堀 絢子&ニューロイヤル
♪ED オバQえかきうた  うた:ザ・グリンピース

スタッフ
■原作:藤子不二雄 ■監督:長浜忠夫 ■脚本:浪江志摩/新沼孝夫/岡田 豊/若林一郎 ほか ■演出:大隅正秋/鈴木伸一/秦泉寺博 ほか ■音楽:林 一 ■作画:秦泉寺博/田中正史/角田 隆/富永貞義 ほか ■制作協力:Aプロダクション

登場キャラ
Q太郎 ●堀 絢子
オバケの国から落っこちたタマゴから生まれた、毛が3本、ドジで大食らいのオバケ。
正ちゃん ●太田淑子
大原正太。Qちゃんの親友の小学生。
O次郎 ●高坂真琴→桂 玲子
オバケの国からやってきたQちゃんの弟。まだ小さいので「バケラッタ」としかしゃべれませんが、兄とは違いアタマも良く、いろんな物にも化けられます。
ドロンパ ●山本嘉子
アメリカのテキサスからやってきたキザなオバケ。胸の☆マークが弱点。
P子 ●沢田和子
Qちゃんの妹。兄思いの優しい性格。
U子 ●丸山裕子
Qちゃんのガールフレンドのオバケ。男勝りで柔道が趣味です。
よっちゃん ●野村道子
正ちゃんのガールフレンド。頭の黄色いリボンがチャームポイント。
ゴジラ ●肝付兼太
町内のガキ大将。
キザオ ●沢田和子
町内のお金持ち。名前の通りキザな性格。
ハカセ ●白川澄子
町内の頭脳。ダブダブの学生服を着ています。
小池さん ●島田 彰
町内のアパートに住むラーメン好きのおじさん。職業はアニメーターです。

ものがたり
 正ちゃんが見つけた卵からオバケのQ太郎こと、Qちゃんが生まれました。このドジなオバケQちゃんに、新たな弟オバケ・O次郎も加わって大原家は大騒ぎ。
でもOちゃんは、Qちゃんと違ってバケることは出来ますが、まだ「バケラッタ」しか言葉がしゃべれません。今度はこのOちゃんのパワーも大爆発して、再び町内に珍騒動が巻き起こります。

ひとこと
帰ってきたオバQ
 当時の子どもたちの反響に応えて制作された、オバQの新シリーズ。放送局こそ変わってしまいましたが、同じスタッフの方が作られています。漫画原作の「新オバケのQ太郎」は、Qちゃんが弟のO次郎を連れて帰ってくる話ですが、このアニメ版はQちゃん誕生から描き、中盤からOちゃん登場となる完全版です。
東京ムービー全盛期・最高のギャグアニメ
 長浜忠夫が監督を手がけ富野喜幸が演出で参加。翌年の「ど根性カエル」へと続く、東京ムービー豪華スタッフが作った最高のギャグアニメとなりました。昭和60年、3度目のアニメ化がされるまでは、アニメオバQと言えばこの新オバQだったわけですが、3作目オバQの登場以降、再放送されなくなってしまい埋もれたアニメになっています。
あのネ Q太郎はネ〜♪
 オバQの主題歌といえば、やっぱりこの曲って方が一番多いのでは。平成になって今はなきバンド「モダンチョキチョキズ」がリメイクカバーして再ブームにも。2代目Qちゃん役の声優・堀 絢子さんが熱唱されています。

原作
×
小学館てんとう虫コミックス『オバケのQ太郎(傑作選)』全6巻『新オバケのQ太郎』全4巻、共に現在は廃刊となっており、漫画のオバQを読むことは現在できません。

ビデオ
■東京ムービーアニメ主題歌大全集 第1巻 
(主題歌:オバケのQ太郎 オバQえかきうた のみ収録):TMS