プロゴルファー猿 昭和60年4月2日〜63年3月28日
テレビ朝日系
・昭和60年4月2日〜62年3月21日
火曜よる7時40分〜7時55分 藤子不二雄ワイド 3部 
・昭和62年4月7日〜62年10月17日
7時16分〜7時30分 藤子不二雄ワイド 2部 
・昭和62年10月17日〜63年3月28日 
月曜よる7時〜7時20分 藤子不二雄ワールド 2部 
(15分×1→藤子不二雄ワールドより16分×1)
全143話+スペシャル1話
シンエイ動画 ASATSU 小学館 テレビ朝日

しゅだいか
♪OP 夢を勝ちとろう うた:水木一郎
♪ED なし 

スタッフ
■原作:藤子不二雄(A) ■チーフディレクター:西村純二 ■脚本:城山 昇 滝原弥生 松岡清治 ほか ■演出:井内秀治 須永 司 西村純二 森 一浩 ほか ■音楽:筒井広志 ■作画:本橋秀之 ほか ■制作協力:スタジオディーン

登場キャラ
猿丸 ●頓宮恭子
猿谷猿丸。自称・プロゴルファーの野生児。木製のドライバー1本で、ミスターXが送り込む影のプロゴルファーたち相手に勝負をしていきます。
中丸 ●高木早苗
猿谷家の次男で、猿の作戦参謀さながらにキャディを担当をしている頭脳派の少年。
大丸 ●峰あつ子
猿谷家の三男。太った体でノンビリとしています。猿のキャディ役。
小丸 ●原えり子
まだ幼い猿谷家の末っ子。一升びんに入ったミネラルウォーターを欠かさず持ち歩いています。
おっちゃん ●富田耕生
猿のゴルフ相手となっているアマチュアのおじさん。猿が出入りしているゴルフ場「奥山カントリークラブ」の会員。よく猿の試合を観戦します。
若葉 ●堀江美都子
おっちゃんの一人娘の小学生。猿のファンで、いつも試合を応援しています。このアニメシリーズで登場したオリジナルキャラ。
ミスターX ●内海賢児
影のプロゴルフ界のドン。いつもサングラスと覆面をしていて、その正体は不明です。
紅蜂 ●平野 文
本名は紅初子。ミスターXの部下で影の女子プロ。猿とミスターXの間を取り持っています。
剣崎 健 ●井上和彦
猿が良く出入りしている「奥山カントリー倶楽部」オーナーの息子。天才的なゴルフの腕前を持つ中学生で、猿のライバルです。
猿の母 ●高村章子
エプロン姿がよく似合う、優しいお母さん。ゴルフ関しては全く無知。
姉 ●鵜飼るみ子
猿丸たちのお姉さん。都会のデパートでOLとして働いています。
ゴエモン ●峰あつ子
猿谷家が飼っている子犬。猿を心配してゴルフ場に追いかけてくるほど飼い主思いです。
カンクロウ ●田中真弓
奥山カントリークラブの近くに住んでいるカラス。ゴルフボールを拾い集めています。
ディンプルちゃん ●田中真弓
メガネをかけたゴルフボール型のキャラクター。本編の合間に、子どもたちには難しいゴルフ用語を解説してくれます。
ドラゴン ●田中秀幸
香港の功夫(カンフー)ゴルファーでヌンチャク・ドライバーを使いこなす武道家の青年。
猿の最大の敵となり、日本と中国にまたがる竜が峰カントリークラブでは、伝説にある猿と竜の戦いをゴルフで再現、激しく繰り広げました。
鹿島大造 ●渡辺 猛
アマチュアゴルフ選手権の大会委員長で、鹿島コンツェルンの会長でもあります。猿を影プロにならせないようにと、ミスターXとは敵対しています。
支配人 ●肝付兼太
猿がこっそりと良く出入りしている「奥山カントリー倶楽部」の支配人。猿を門前払いするのが得意技です。
鷹巣 ●塩屋 翼
「ゴルフ特訓道場」の2期生で、猿とは同じ部屋で寮生活もしている温厚な性格のゴルファー。猿とはプロテスト受験の座をかけて争うことになります。
大岩みどり ●原 えりこ
「ゴルフ特訓道場」大岩館長の娘。美人の女子ゴルファーですが、お嬢様を鼻にかけた性格。鷹巣に想いを寄せています。
ナレーター ●野島昭生
猿の試合や物語のナレーター。

ものがたり
 木製のクラブ1本で戦う自称・プロゴルファーの猿丸。
プロゴルフ界の黒幕ミスターX率いる影のゴルファー達と過酷な勝負に挑みます。負けると、ミスターXの配下に入れられる条件がついたサドンデスマッチなのです。「旗つつみ」や「岩がえし」など独自の荒技を駆使して、猿の戦いが始まりました。

ひとこと
大迫力の藤子劇画ゴルフアニメの登場や!
 3年前に特番で放送された猿がシリーズアニメ化。漫画原作も同年『コロコロコミック』で再び連載されました。
アニメ界初登場の本格ゴルフアニメとして、また藤子アニメ初の大河アニメとして子どもから大人まで人気を集める作品。毎週続けて描かれる、劇画タッチの迫力あふれる猿のゴルフ対決には引き込まれます。
藤子不二雄A先生の趣味であるゴルフに対するこだわりが発揮されたアニメで、ディンプルくんの用語解説やコースの解説もあり、子どもにもわかりやすく作られています。
兄さん、「藤子不二雄ワイド」の目玉です!
 昭和60年、藤子アニメの人気はピークに達して、ついにテレビ朝日からは1時間まるまる藤子アニメという異例の番組『藤子不二雄ワイド』がスタート!その中で新番組として、この猿が登場したのです。3年前に特番でアニメ化された実績もあって、今までの藤子アニメと毛色は違いながら大人気となりました。

原作
■中公文庫コミック版 プロゴルファー猿 全13巻 中央公論社
原作は藤子A先生のライフワークとも言える作品で、現在も大人に成長した猿丸の活躍を描く『サル』が、小学館「ビッグコミック増刊号」にて連載されています。

ビデオ
■藤子不二雄(A)ビデオ傑作シリーズ『プロゴルファー猿』全6巻
■藤子不二雄映画全集12『プロゴルファー猿「スーパーGOLFワールドへの挑戦!!」/忍者ハットリくん+パーマン「忍者怪獣ジッポウVSミラクル卵」』
■藤子不二雄映画全集15『エスパー魔美・星空のダンシングドール/プロゴルファー猿・甲賀秘境!影の忍法ゴルファー参上!』
(1巻7話収録・小学館ビデオ)